アーカイブ

幸せを呼ぶお酒

昨日とある集まりがあったので、コニャックを好きになりそうな人を2次会で半ば強引にバーに連れて行き、普及活動。
飲んだのは、MARTELL CORDON BLEU(マーテル コルドンブルー)と、Jean Fillioux TRES VIEUX(ジャンフィユー トレヴュー)。

 
コニャックは葡萄(ワイン)を蒸留して作られる事、華やかで甘い香りが楽しめるお酒である事、二日酔いしにくいこと、寝酒として飲めば幸せな感覚で眠れる事、思っているより断然安上がりで済む事など、初心者向けにあれこれ熱く語る(笑)。
特に力が入るのは、やはりその幸せ感。
最近、Frapin VSOP ばかり飲んでいた上、たまに飲むジャンフィユーはレゼルヴファミリアルばかりだったのだが、久々にトレヴューを飲むと、これまたうまい。
もちろん、コルドンブルーも十分美味しいのであるが、やはりジャンフィユーの幸せ感は断然高い。
そんな中、同行者にも理解を得られ、しっかり信者になった様子だったのでめでたし、めでたし。

お勧めコニャック2009 まとめ

いよいよ2009年も残りわずか。
本ブログもありがたいことに結構アクセスいただいている。
どんなところが多く見られているかと調べると「お勧め」カテゴリが圧倒的に多い。
そこで、すでにリンク切れもあるのでこれをアップデート。
時期的に2010のほうがいいかもと思ったのだが、来年検索からきて古い、となるより、今年の総まとめと言う意味も込めて2009。
ただ、全体的には高値傾向なうえ、種類も減ってしまった。
その代わり、超お勧めばかり。
¥2,000~¥3,000

Frapin V.S.O.P.(フラパン VSOP)

左のアフィリエイトにもトップに載せているコストパフォーマンス抜群の1本。
コニャック地方の古くからの名門フラパン家による、Grande Champagne のみからなるVSOP。
その若い格付けからは想像出来ない、しっかりした香りと熟成感は、並みいる他の格上コニャックを軽く凌駕するものがある。
基本はスッキリで、軽やかな甘口、非常に幸せ感が高い。
OTARD VSOP は安いところでも2,498円となってしまった。たった500円の違いなら断然 Frapin VSOP がお勧めなので除外
※Remy Martin VSOP, Martell VSOP は安いところでも 3,000円を越えてしまった
¥3,000~¥5,000

Jean Fillioux COQ D’Or(ジャンフィユー コックドール)

名門ジャンフィユーの廉価版。数年前までは下の価格帯だったが、ユーロ高でこの価格帯に。今度は円高で下がってほしいが今ひとつ下がりきれない。
とはいえ、Grande Champagne の特徴もしっかり持った軽やかでシャープな味わい。
¥5,000~¥8000

Jean Fillioux Tres Vieux(ジャンフィユー トレヴュー)

これまたユーロ高で随分高くなってしまった。円高で少しは下がって来たもののまだ7,000円程度とちょっと高い。
しかし、熟成20~25年の Grande Champagne をしっかり味わえる。決して重すぎないが、しっかりとした深い味わいと、ふわーっと広がる芳香が幸せの境地に誘ってくれる。

Domaine Frapin Vieille Grand Champagne(ドメーヌフラパン ヴィエイユグランドシャンパーニュ)

フラパンの中間クラス。これまた微妙に高い感もあるが、このクラスとしては香り、味わいのバランスも高く、お勧めできる。
¥8,000~

Jean Fillioux Reserve Familiale(ジャンフィユー レゼルブファミリアル)

このブログでも絶賛の1本。その圧倒的な芳香と深い味わいは他の追随を許さない。
なぜ、他のコニャックメーカーはこれを真似しないのかと思ったものだが、真似しようにも真似の出来ない高次元の作品だと気付いた。
グラスに注いだ瞬間から周囲にやわらかい香りを広げ、飲み終えたグラスでさえしばらく芳香を放ち続ける。
一口含むとこれまた口の中にも幸せ感が広がる。
誰にでも自信をもってお勧めできる。

Frapin は素晴らしい

私がコニャックの置いてそうなバーを選択的に訪れているせいか、最近 Frapin(フラパン)を置いているバーに巡り会う事が多い。
いや、もちろん、ヘネシーやレミーマルタンだけを置いている店が依然として多いのも確かだが、これらを置いてなくても Frapin を置いている店に何度か出会っている。
Frapin 家は Grande Champagne 地区の約3割ほどを所有し、Remy Martin などにも原酒を提供している。
葡萄栽培にも圧倒的なこだわりを見せ、その枝ぶりまで数十年をかけるという。
そんな Frapin のもっともお手頃なものが Frapin V.S.O.P.
リンクを見るとわかるが、なんと3,000円しない。
しかし、Grande Champagne 100% であり、その品質の高さは他の VSOP クラスを圧倒する。
重厚さは無いが、華やかな香りと軽やかな甘味が、その値段と相まって、手軽に飲める銘品となっていて、お勧めである。

人気コニャックベスト10

恒例のアクセス解析はあまり代り映えがしないので、先月の検索ワードから銘柄関係だけ抜き取ってみた。
Camus, CAMUS, カミュなど同一銘柄と思われるものを合計している。
なぜか CAMUS がダントツ。Jean Fillioux が結構多いのは、私がここかしこで勧めているせいもあるかも。
その他はまぁ順当なところか。
1. CAMUS 88
2. Remy Martin 65
3. Hennessy 44
4. Jean Fillioux 37
5. HINE 33
6. MARTELL 33
7. OTARD 25
8. CROIZET 20
9. Courvoisier 14
10. LHERAUD 11

アフィリエイト対応おすすめコニャック

せっかくアフィリエイトもはじめている上、ユーロ高で多少価格帯が変化してることもあり、アフィリエイト中でお勧めのリストを作ってみました。少し制限が 出るものの、結構いい物が集まります。どれもお勧めなので、是非どうぞ。
¥2,000~¥3,000
Frapin V.S.O.P.(フラパン VSOP)
店によっては価格範囲を越えますが、リンク先は税込2,919円です。このクラスでは唯一と言ってもいい Grande Champagne AOC です。フラパン家は Grande Champagne でもさらに一等地に広大な葡萄畑を持ち、しかもその一本一本の木々も50年かけて枝ぶりを整えるという徹底ぶり。この VSOP も Single Cognac らしくすっきりしつつも、熟成の短さを補って余りある味わいがあります。
Remy Martin V.S.O.P.(レミーマルタン VSOP)
これまたギリギリの値段。店によっては3,000を超えますが一応この価格帯という事で。
やや甘めですが、コニャックとはどういうものか?の入門用として他の大手(ヘネシー、カミュ、マーテル)のものに比べ、王道をいく味わいです。個人的にレ ミーマルタンは上のクラスに行くほど個性がなくなると感じており、レミーならVSOPが一番気に入ってます。
Martell V.S.O.P.(マーテル VSOP)
マーテルはボルドリという地方の葡萄を使っており、香りの力強さが特徴です。VSOPでもその傾向がしっかり現れており、楽しめます。
OTARD V.S.O.P.(オタール VSOP)
これはお勧めするか微妙なところですが、何と言っても断然安い!
やや、香りに寂しさがあるものの、コストパフォーマンスは抜群です。
¥3,000~¥5,000
Jean Fillioux Napoleon(ジャンフィユー ナポレオン)
ジャンフィユー家の名に恥じない逸品です。同じ価格帯に CEP D’OR(セプドール)というクラスもあり、これまたお勧めです。
OTARD X.O.(オタール XO)
オタールは甘口で香りもふくよか。XOは深みのある完成度の高い逸品です。VSOP同様XOクラスとしては破格です。
¥5,000~¥8000
Jean Fillioux Tres Vieux(ジャンフィユー トレヴュー)
このブログにも何度も登場する逸品。ヘネシーやレミーの格上であるエクストラを凌駕する香りと味わいの高次元での融合。ただし、ユーロ高の影響でずいぶん 高くなってしまいました。それでもコストパフォーマンスは十分高いといえます。
DANIEL BOUJU BRUT de FUT Royal 15(ダニエルブージュ ブリュットドゥフーロワイヤル15)
狂信的に品質にこだわってるというダニエルブージュ家の15年もの。樽出しそのままで60度。その高い度数故誰にでも勧められるわけではありませんが、 しっかりとした味わいの中から繊細さが花開く変化を味わえる銘品です。
Domaine Frapin Vieille Grand Champagne(ドメーヌフラパン ヴィエイユグランドシャンパーニュ)
最近ユーロが上がっているため、コニャックも微妙に値上がりつつあり、これも一つ上の価格帯になってしまってます。熟成が15年程度と若いのですが、既に かなりの熟成香を放ち、味わいもこの手のシングルコニャックにありがちな単調なものではなく、しっかりとしたふくよかさを感じさせ、フラパン独特の個性と あいまって非常に楽しめる一本です。
Frapin Chateau FONTPINOT(フラパン シャトーフォンピノ)
これはまた上記と違った独特の葡萄の香りがしっかりしており、個性的な味わいが広がります。
¥8,000~
Jean Fillioux Reserve Familiale(ジャンフィユー レゼルブファミリアル)
代々ヘネシーのマスターブレンダーもつとめるジャンフィユー家の取って置きの1本。いつまでも続く芳香、口の中で広がる葡萄の味わい、飲むものに与える幸 せ感は計り知れないものがあります。コニャックの中の究極の逸品と言っても過言ではないでしょう。
KELT X.O. Tour du Monde(ケルト XOトゥールデュモンド)
熟成中の樽を船で世界1周させるという手法を使ったコニャック。どこまでも柔らかく溶け込んだ香りは優しさの極致です。
Ragnaud Sabourin Florilège(ラニョーサブラン フロリレージュ)
ラニョーサブランはシングルコニャックの中でも結構ファンが多いように感じます。しかし、個人的には Reserve Speciale(レゼルヴスペシアル), Fontvieille(フォンヴィエイユ)とも、香りはいいのですが味わいがどうも寂しい感じが否めません。しかし、45年熟成の Florilege(フロリレージュ)は、これらを上回る芳香の上、味わいの広がりも深く、グランドシャンパーニュの長期熟成酒というものがどれほどのも のかをしっかり味わえます。

バレンタインにあうコニャック

なんか季節ネタが定番になりつつあるので、かなり今更だがこんなネタ。
本当はイベントの性格上、「バレンタインにもらいたいコニャック」かも。
いや、なかなかそんな高いものを贈ってくれるような女性はいないというか、チョコに比べると断然高いというか、日本の(踊らされている)文化からすれば、 チョコじゃないと意味がないというか。
とすると自動的に「バッカス」か。または、ウィスキーボンボンならぬブランデーボンボン?
でもそれだと当ブログの趣旨からずれてしまうような…
なので、ここは無理やりチョコにあう甘口のコニャックと言うことにすると
ヘネシーXO
あたりを推しておこう。

初めての1本

最近あちこちでコニャックを勧めていることもあり、最初に買うならどれがいいかという質問をよく受ける。
しかしこれはその人の酒歴や嗜好によって左右されるため、実は結構難しい。もちろん予算によっても大きく変わる。
基本的には以前書いたこのあたりから選んでおくのが無難ではあるが、これでも種類が多すぎて選べな いという人も多いようだ。
そこで入門用に可能な限り絞ってみた。
●蒸留酒のストレートを飲みつけていない人、または強いお酒はちょっと苦手な女性
 →Remy Martin V.S.O.P.(レミーマルタン VSOP)
柔らかく、香りも華やかで甘い口当たりのこのお酒なら、普段強いお酒を飲みな れていない人でもきっとコニャックのおいしさを感じられるでしょう。値段も手 頃なので、最悪気に入らなかったとしてもケーキや料理に使えます。
●スコッチや焼酎などをロックやストレートで味わってる人
 →Jean Fillioux Tres Vieux(ジャンフィユー トレヴュー)
こういう人は、それなりにお酒というものが分かっているでしょうから、ちょっ と高めかもしれませんが、コストパフォーマンスがもっとも高いと思われるこの 1本。どこまでも広がる優しい葡萄の香りできっとコニャックの虜になるでしょう。
●ちょっと飲んでみたいだけなので、できるだけ安いもの
 →OTARD V.S.O.P.(オタール VSOP)
ちょっと微妙ではありますが、2,000円クラスだとこれでしょう。もっと安いも のも中にはありますが、あまり変なものではコニャックが嫌いになってしまいます。