アーカイブ

ユーロ安

円高と言われるようになってから久しい。
前回書いたときで、ユーロ/円が135円程度。今は121円程度なので、約半年でさらに1割ほど円高。
そこでまたまたお気に入りのジャン・フィユー トレヴュー価格調査
ECHIGOYA
 6,690円
ワインパーフェクト
 6,980円
信濃屋
 7,580円
ヒグチワイン Higuchi Wine
 8,500円
となっており、前回とほとんど一緒。少なくとも下3店は同じ価格。
この辺の価格はユーロ/円が150円程度のときに設定された価格なので、非常に高く感じる。
一度値上げしたものは、なかなか値下げしにくいのだろうが、こんなことではいつまでたっても国内消費は進まない。
政策的にも円高メリットを国内に反映するような行動を取ってほしいものだ。

円高なのに

最近はずいぶん円高ということになっている。
このときからさらに、ドル/円はずいぶん円高になり、ユーロ/円も130円台なかばとずいぶん円高のこのごろ。
ところがコニャックの値段はそれほど下がってきていない。もちろん在庫があるのだから仕方がないとはいえ、こちらを見ても分かるとおり、ユーロが下がったのは去年の後半なのですでに1年たっている。
例によって、気になるジャンフィユー・トレビューの値段を集めてみると
6,980 円
酒の柏屋
6,980 円
ワインパーフェクト
7,580 円
信濃屋
8,500 円
ヒグチワイン Higuchi Wine
と言った感じ。
3年ほど前は、安いところだと6、000円を切っていたので、もうちょっと安くなって欲しい。
ガソリンもそうだが、上がるときは速く追随して下がるときにはゆっくりとかだと、結局消費も進まず、景気も回復しにくいと言えるのではないだろうか?