2008年04月10日

Lheraud Tres Vieille du Paradis

恵比寿でイベントがあったためその帰りに、かねてから気になっていたとあるバーによった。
コニャックのみならずアルマニャックやカルバドスなども充実、雰囲気もいい素晴らしいバーであったのだが、
マスターにはブログにて名は明かさぬよう頼まれたため、あえて秘す。

いつものようにコニャックを聞くと、棚のこの辺がそうですといわれた中に Lheraud と思しき特徴的な細く背の高いボトルが。
まだ飲んだことのないものだった上、Lheraud なら間違いはないだろうと頼んでみるとこれがうまい!
Petite Champagne の50年熟成、47度。Grande Champagne なら7〜80年と言った所だろうが、華やかな香りに負けない力強い味わいで、幸せ感満喫。

かなりの感動後、Loui XIII の Saint Louis ボトルものは最近の Baccarat ボトルのものよりおいしい、ということでハーフでいただいた。
確かに Baccarat ものよりやや味わいもあるが、やはりその寂しさから個人的にはあまり好きになれない。

そんなこんなで大いに盛り上がり。名前を出せないのが残念な素晴らしいバーだった。


posted by つぅ at 21:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック