2008年03月17日

久々コニャック振興会 Ver.2 2008.3.7

さて、久々のコニャック振興会は「Paul GIRAUD」づくしであったことは
Ver.1にお書きした通りです。

maeda bar@麻布十番

春の嵐で、降ったり止んだりの雨の中、現地集合というカタチで
集ったわけです。

激しい雨の中、Barの思い扉を開くと、
カウンターの一番の奥でまったりモードのまっきーさん。

温かいカクテルを頼みボトルを眺めつつ、つぅさま(会長)を待つことに。

つぅさま到着、席に着くやいなや取り出したのは
Cognac FlavorのCigarでした。

「えぇ?!」
「どうしたんすか?いきなり」とまっきーさまのお言葉に

「Cognacには基本Cigarでしょう!」

どうやら、私たちが知らぬ間に「Cognac=Cigar」が基本と
なっていたようです。

様々な場所で、集まりにお顔を出す会長ですからねバー

Cigar(CognacTaste)から漂う
バニラの香りに似たCognacの煙がBar全体を包み込み、
それだけで酔ってしまいそう。

様々な顔
様々な味
様々な香り
様々なCognac評価

またまた「大人な夜」を体験させていただきました。


(PHOTO)順に・・・つぅさま・ポールジロー達・まっきーさま堤井さんシガー.jpg




ポールジローグラス.jpg牧野内さん黄昏.jpg


posted by 長月 at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック