2008年02月09日

木の実や花の香り

コニャックメーカーのサイトを見ていると大抵香りについて木の実や花に例えられている。
http://www.hennessy-cognac.com/japan/menu-start.asp
http://www.kirin.co.jp/brands/sw/martell/index.html
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/liquorworld/brand/remy/

しかしどうも味音痴というか鼻音痴というか、このようなものが実はよく分からない。
神の雫」の主人公のように小さいころから木の実とか花の香りを嫌というほど体験していないと、そもそも分からないような気もする。
いや、しかしここにある「ドライフルーツの香り」というのは抽象的過ぎる気がする。ドライフルーツと言っても干し葡萄と無花果では全然違うだろう。「砂糖漬けの果物」、「スパイスの芳香」も同様。

なんか適当臭い。ま、シナモンとかクローブとか具体的ならそういうのもありなのかもしれないが、個人的にはそこまでの嗅ぎ分け能力はない。

ただ、幸いなことにおいしいコニャックとそうでないものはきちんと区別がつくし、何より幸せ感がたっぷり味わえる。ま、木の実に花の香りに例えられなくてもうまければいいか…



posted by つぅ at 14:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック