2008年01月31日

甘口、辛口

コニャックの味わいを語る中で「 甘口、辛口」と言う指標は外せないだろう。しかしコニャックはボトル開栓時の香りから味わい、グラスの残り香と楽しめるステップが多いため、どの段階でど う感じるかというのが一筋縄ではいかない。日本酒の場合は、比重ベースの日本酒度や甘辛度があるが、コニャックにはそのような客観的指標はない。
2%までの加糖が許されているものの、必ずしも加糖しているものが甘口というわけでもない。

グラスに注いだトップノートが甘い香りでも口にするとピリリと辛口なものもある。またアルコールの刺激で辛さを感じつつも葡萄の甘さを感じる場合もある。 また、蒸留酒の強いアルコール度数になれていない人はどんなものでも辛口と感じるようだ。

大手どころで私の感じでは、ヘネシー、マーテルは甘口、レミー、カミュは辛口といったところ。一般的には熟成が進むと、よりまろやかに甘口になっていく傾 向がある。なのでヘネシーはVSOP→XOで辛口→甘口に。ところがレミーはVSOP→XOで甘口→辛口とう感覚。これは加糖の程度によるものだとは思 う。

ちなみにジャンフィユーはほぼニュートラルだが、どちらかといえば甘口と言う感じだろうか。



posted by つぅ at 00:09| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。毎日楽しく拝見させていただいております。この記事を拝見してお聞きしたいんですが、オタールXOなどはヘネシーXOと比べて甘いのでしょうか?印象を聞かせていただければ幸いです。
Posted by かっこう at 2008年02月08日 18:54
はじめまして。毎日楽しく拝見させていただいております。この記事を拝見してお聞きしたいんですが、オタールXOなどはヘネシーXOと比べて甘いのでしょうか?印象を聞かせていただければ幸いです。
Posted by かくと at 2008年02月08日 18:56
かっこう(かくと)さん

これは樽香をどっちに感じるかで変わると思います。
個人的にはオタールXOのほうが甘く感じますが、柔らかさと言う意味ではヘネシーXOです。
いずれにしてもオタールXOはヘネシーに比べ大分安いので、試してみてはいかがでしょうか?
Posted by つぅ at 2008年02月08日 20:03
お返事ありがとうございます。そうなんですか。確かにオタールはリーズナブルなので試してみます。アドバイスありがとうございました。
Posted by かっこう at 2008年02月09日 08:07
度々申し訳ありません。もう一つお聞きしたいことがあるのですが、濃厚で甘いコニャックとなるとどういったものがオススメでしょうか?普段はラムのロンサカパXOやキャプテンモルガンのプライベートストックなどを好んで飲みます。ヘネシーのXOも好きです。すっきりしたものよりも黒砂糖のようなコクのある甘さが好みです。よく、好きなラムが最高のコニャックのよう、と表現されているのでものすごく興味はあるのですが・・・とりあえずオタールXOとマーテルコルドンブルーが当てはまりそうだとおもってるんですが、買う前にアドバイスいただきたいです。他にも当てはまりそうなものあるでしょうか?長文失礼いたします。
Posted by かっこう at 2008年02月09日 15:20
かっこうさん
コルドンブルーはコクがありますが、濃厚とか黒砂糖のような感じではないと思います。それでもラム好きの人には向いてると思います。
オタールXOは確かに黒砂糖のようなところはあると思いますが、「最高のコニャックのよう」という例えから期待されるものとはちょっと違うかもです。

また、他にも濃厚・黒砂糖系としては HARDY XO, HINE XO などありますが、やはり「最高のコニャックのよう」に近いのはコルドンブルーだと思います。
Posted by つぅ at 2008年02月09日 21:04
そうなんですか。大変参考になります、丁寧なお返事ありがとうございます。コルドンブルーのんでみます。
Posted by かっこう at 2008年02月10日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック