2008年01月21日

コニャックのヴィンテージ

ワインなどにはよくある「ヴィンテージ」。1972年もの、というような単一年産を意味する。シングルモルトでもよく聞く言葉であるが、実はコニャックにはあまりない。

コニャックの場合は各メーカーとも極力伝統の味を守るために、多くの原酒をブレンドして、均一な味わいを作ることに神経を注いでいる。
年による葡萄の出来による差を吸収するため、例えば20年ものと言うときも15年から25年熟成の原酒から去年の味と同じ物を作り出す。
これが各メーカーの「マスターブレンダー」の腕にかかっている。

ただし、中にはヴィンテージ物を出しているメーカーも多少はある。
このうち、特定年の蒸留後原酒をイギリスに運び、テムズ川沿いの倉庫で熟成した物は「アーリーランデッド」と呼ばれる。
ブレンドしていないために味わいのシンプルなところが特徴的。また毎年作っているわけではないため、特定年の物しかない。


posted by つぅ at 02:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
飲むより薀蓄のほうが好き、な私ですんで「年号表示コニャック」には興味津々です。
BNICは1963年に年号表示を禁止し、1987年に解禁したらしいです。
禁止されたのは当時の製品は実際に表示年100%のものはむしろ例外では?という疑問があったからのようです。
解禁後は表示の信憑性のためいろいろ規則が設けられました。
年号表示で販売予定の在庫は専用の倉庫に貯蔵し、樽にもBNICの封印を施し、倉庫にはBNICの鍵をかけ、製造過程にはBNICの職員が立ち会う等々。
カミュのメットル・ド・シェ、パトリック・レジェ氏の言によれば、
「毎回立会人に支払う経費が、時にはコニャック自体の価格よりも高くなってしまいます」
とのこと。
4大銘柄では最近レミーマルタンが1988年を販売してます。
Cognathequeのサイトでは227ユーロで、XOの148ユーロよりだいぶ高く、エクストラの284ユーロよりちょっと安い値段になってますね。
Posted by 海老沢 at 2008年01月21日 21:11
海老沢さん

さすがですねぇ。4大銘柄というと1972, 1982 のヘネシーアーリーランデッドは結構好きです。レミー1988は飲んだことないですねぇ。ちょっと値段の割に熟成が短いような気もしますが、そういう理由なんですか。
Posted by つぅ at 2008年01月22日 10:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック