2008年01月18日

コニャックは単調なのか

スコッチなどはスモーキーだったり薬草っぽかったりいろいろな方向性がある。これは普段飲みつけなない人でもそのくらいの差は十分わかる。

一方、ブランデー(コニャックに限らず)を飲みつけない人にとってはどれもほとんど同じように感じるようだ。特にストレートを飲みつけない人にとっては、40度という強さだけで、もう味など全くわからない、という事になってしまうらしい。
そういう人からすれば、VSOP だろうが、XOだろうが、いや、コニャックだろうが国産ブランデーだろうがほとんど差がないと言うことになるようだ。

確かに葡萄の蒸留酒というカテゴリーは麦の蒸留酒に比べて味わいのブレ幅は小さいものなのであろう。


posted by つぅ at 01:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック