2007年12月24日

コニャック銘柄の読み方

コニャックはフランスのお酒なので、その銘柄も基本的にはフランス語。
ところが、その昔はイギリス人がやって来て作り始めたりとか、イギリス向けに出荷とかがあったため、その読み方もかなり微妙。メーカー自身も主力マーケットに合わせている感じがする。

例えば Hennessy。フランス語では「エネシー」と読むが、普通は英語読みで「ヘネシー」。Remy Martin は英語読みなら「レミー・マーティン」だが、一般的にはフランス語式に「レミー・マルタン」。Camus は英語的に読むと「キャマス」だろうか?しかしこれも普通はフランス語式に「カミュ」と読む。

先日の A.E.Dor は結構悩んだ。英語式なら「エー・イー・ドール」だろうが、もとは、Amédéé Edouard Dor という創業者の名前。普通にフランス語式に読めば「アメデ・エドゥアール・ドール」。省略式は「ア・ウ・ドール」となる。フランスの知人に聞いてもそうだった。なので、これを「エーイードール」と読むには抵抗感がある。「ヘネシー」に抵抗感がないのは創業者が「リチャード・ヘネシー」というアイルランド人だったから。

また、非常に抵抗感のあるものが、Courvoisier。一般的には「クルバジェ」と呼ばれることが多い気がするが、フランス語的には「クールボワジエ(クールボアジエ)」だろう。英語式なら「コーアボイジァ」ってとこだろうか。

また、メーカー名ではなくクラスの名前で、Heritage というのがある。英仏ともに同じスペルで遺産、遺跡というような意味だが、フランス語なら「エリタージュ」。Tres Rare は「トレ・ラール」。

いや、あまりうるさく言うのも気が引けるものの、逆に「越乃寒梅」を外国人が「えつのかんばい」とか読んでいたら寂しいだろう。ここはやはり生産者に敬意を払いたいところである。


posted by つぅ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック