2006年10月12日

Lheraud Cuvee 10

最近ヤフオクでちょっと珍しげなコニャックが出てるとつい落としてしまう。
そんな中の1本。レロー家はラニョー・サブラン、レイモン・ラニョー家と並んで品質の高いシングルヴィンヤードコニャックの作り手とされている。Cuvée 10 はプティットシャンパーニュ産10年以上熟成の原酒ブレンド。ラニョー両家のような個性はないが、繊細な華やかさがあり静かに楽しめる。

Lheraud Cuvée 10
1.飲む前の香り
☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆
☆の数が示す通り、可もなく不可もないという感じ。溢れるような芳香はないが、決して寂しい訳ではない。味わいに微妙なきらびやかさがあるが、若々しさとは違う。そうは言いながらトゲのない軽やかさが、十分楽しい気持ちにさせてくれる。

lheraud.jpg


posted by つぅ at 01:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック