2006年10月05日

Jean Fillioux Napoleon 他

ということで、久々の評価


Jean Fillioux Napoleon
1.飲む前の香り
☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆
ジャンフィユー家はヘネシー創業当初から同社のブレンダーを担う名家。どのクラスのものも非常にコストパフォーマンスが高い。ナポレオンは10年クラスだが、広がる香りはさすがジャンフィユー、上位のセプドール、トレヴューの流れをしっかり受け継いでいる。残り香がやや寂しいがこのクラスとしては十分。


HINE Extra
1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆
トップノートに独特な香り。リムーザンの樽香かと思えばハインはトロンセのオーク100%だそうな。その割に口に含んだ味わい、グラスの残り香ともレミーのような感じ。深さは少ないが多少辛口でニュートラル。


Remy Martin New Extra
1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆
レミーマルタンの50年もの。同社はとにかくブレンドに使う原酒の数がやたら多く、2〜3000と言われる。これまたハインと同じようにニュートラルな味わい。古いだけに熟成香を尊重するためかレミーにしてはカラメルの使用量が少なく感じられ、それが味わいの軽さとして現れている。ヘネシーなどの重厚なタイプと好みが分かれるところ。


Martell Cordon Bleu
1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆
俗にスミレの香りと例えられるが、個人的にはよくわからない。しかし、広がる芳香、味わい、残り香のどれをとってもグランドシャンパーニュにはないボルドリの力強さを持ちつつ、しっかりとした優しさも備えた名品。






posted by つぅ at 00:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。
コルドンブルーうまぁい!
開栓したときはアタックが強くて香りもたたず好みじゃないなぁと思っていて冷蔵庫に…
思い出して飲んだら滑らかでふくよかで美しい香りで脳内が満たされ笑みがこぼれました!
グレープブランデー初心者ですが次は何がお勧めでしょうか?
Posted by taka at 2008年02月16日 23:43
taka さん
コルドンブルーいったなら、次はジャンフィユーがおすすめです。<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/07288e8c.fc98effa.07288e8d.7308cb95/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fwine-perfect%2f055541551%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fwine-perfect%2fi%2f10002982%2f" target="_blank">トレヴィユー</a>なら、価格的にも似たレベルですが、香りや味わいはずっと上でお勧めです。

Posted by つぅ at 2008年02月17日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック