2010年03月25日

Remy Martin subZERO

これはコニャックの銘柄ではなく、飲み方。
なにやらRemy Martin VSOPのボトルに付いて来た小さな紙に書いてあった。




「フリーザーで冷やして飲む。
 レミーマルタンVSOPの新しい飲み方です。」
だそうな。
本家にも載っている
http://www.remy.com/the-aromatic-heart-of-cognac/how-to-drink-remy-martin.php

一般的には、常温で立ち昇る香りを楽しむものとされているコニャック。
冷やせばそれだけ香りの立ちが悪くなる。

なので、それってどうよ?と思いながらも試してみる事に。
それ用にとボトルに付いて来た小さなグラスに入れて冷やしてみた。

ちょっと温度が低かったのか、シャーベット状に固まってしまった。
つまんで「食べて」みると、予想通り香りは乏しい。
逆にアルコール感は薄れる。
なので、デザート等にはいいのかも。

で、これを室温に放置して溶かしてみると、確かにスッキリ。
意外と侮れない。

コニャックでハイボールと同様、飲み口も軽く、クイクイいける感じ。
風呂上りにも爽やか。
もちろん、香りの立ちは弱くなるが、これはこれでありかも



posted by つぅ at 21:31| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

ユーロ安

円高と言われるようになってから久しい。
前回書いたときで、ユーロ/円が135円程度。今は121円程度なので、約半年でさらに1割ほど円高。

そこでまたまたお気に入りのジャン・フィユー トレヴュー価格調査


ECHIGOYA
 6,690円

ワインパーフェクト
 6,980円

信濃屋
 7,580円

ヒグチワイン Higuchi Wine
 8,500円

となっており、前回とほとんど一緒。少なくとも下3店は同じ価格。

この辺の価格はユーロ/円が150円程度のときに設定された価格なので、非常に高く感じる。
一度値上げしたものは、なかなか値下げしにくいのだろうが、こんなことではいつまでたっても国内消費は進まない。

政策的にも円高メリットを国内に反映するような行動を取ってほしいものだ。

posted by つぅ at 01:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

第三回 国際コニャックサミット

2年前にスタートしたコニャックサミット。
http://cognacfan.com/article/71340183.html
http://cognacfan.com/article/71719884.html

遅ればせながらフランス食品振興会のメルマガで
今年も開催された事を知った。
同記事によると、”第一回では、世界のベスト・セラーになり得るコニャックベースのカクテル「サミット」を考案し、昨年はコニャックの多彩なアロマを定義した”のだそうな。
そして”三回目となった今年は、歴史的遺産としてのコニャックベースのカクテルを見直すことがテーマとして取り上げられた”のだそうで。

やはり基本はカクテル。
そうでないと商業的に見合わないのだろう。

ただ、少し去年の「アロマの定義」が気になったので調べてみた。

http://www.cognac.fr/cognac/_en/4_pro/index.aspx?page=communiques_presse&id=1501

Developing the 21st Century's Cognac wheel of aromas
In the course of the Summit, the group will spend three days absorbing each and every aspect of Cognac, and participating in several workshops :
・Developing the 21st Century’s Cognac wheel of aromas with Jean LENOIR, world-famous creator of Le Nez du Vin, and chemist Hubert RICHARD. Particularly, the aromatic proximity between wine and Cognac will be explored.
・Identifying the best glass in which to enjoy the world’s finest eau de vie.

何やら、化学者を呼んで21世紀のコニャックアロマホイールを作り出すとのこと。
また最適なグラスを見つけ出すともある。

どうもこれらが普及につながるとも思えないので、ピンと来ない。
来年はもっと実のあることが出来るように提案でもしてみよう。
posted by つぅ at 00:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする