2009年06月29日

そろそろ3年

このブログも初めてからとうとう3年を数えるに至った。
当初は大した知識もなく、ヘネシーやマーテルなどのメジャーな銘柄を寝酒としつつ、せいぜいこの手のものをホテルのバーで飲むくらいだった。
いや、もちろん「世界の名酒事典」などで、世界には多くの種類が存在している事は知っていたものの、普通の酒屋やバーでは見かける事もなく、半ばあきらめていた。
というより、レミーマルタンなどで、十分満足していたのだった。

多くのコニャックに挑戦し始めたきっかけは当協会(?)の代表と行ったバーで飲んだ Jean Filliou Coq D'OR だった。

いつもおいしく飲んでいた Hennessy XO に通じる甘さ、それでいてすっきり感のある独特の味わいに感動したのを今でもはっきり覚えている。

それからは、もうネットで取り寄せたり、あちこちのバーにおいしいコニャックを求めさまよったりのコニャック生活。
そんな中、せっかくなのでブログを書こうとか、どうせならドメイン取ろうとかしながら今日に至るのであった。

そんな訳なので、コニャック歴はかなり長いものの、まじめ(?)に飲み出してからの日はまだ浅い。
とはいえ、スコッチやワインなどと違って余計な蘊蓄なしに楽しめるため、やはりコニャックは素晴らしいと再確認するのであった。


posted by つぅ at 00:21| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

100年熟成コニャックがスゴい事に!

某所に保管してある100年熟成のコニャック、Maison Brillet Centenaire 1900 - 2000 (メゾンブリエ サントネール 1900-2000)。

3月に飲んだ時はこのときと一緒で、香りは素晴らしいものの、味わいにやや寂しさを感じていた。

ところが先日飲んでみると、香り、味わいとも素晴らしいものへと変化。
開栓後9ヶ月でついに100年の眠りから覚めたと言う感じだろうか。

なので、再評価。

Maison Brillet Centenaire 1900 - 2000 (メゾンブリエ サントネール 1900-2000)

1.飲む前の香り
☆☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆☆

基本的には十分素晴らしかった香りがさらに力強いものに。しかも味わいも大きく広がりを見せてきた。
Jean Fillioux Reserve Familiale に比較するとランシオはやや弱いものの、ぶどうの香りは素晴らしく、味わいも100年の時を感じさせない華やかさ。
開くまでにこれほど長期間かかったものは始めてであるが、その幸せ感はかなり究極に近い。

posted by つぅ at 17:34| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

おいしいお酒の定義?

おいしいお酒とはどんなものだろうか?というか、皆がおいしいと思えるような尺度はあるのだろうか?

今のところ、コニャックを勧めて「まずい」とか「おいしくない」とかいう評価に出会ったことが無い。
大抵は「あ、いい香り」、「あ、甘くておいしい」というものばかり。
いや、強いて言えば、蒸留酒を飲みなれていない人にストレートを勧めると「うわっ、強っ」というものはある。

だからと言って、コニャックが一番おいしいお酒だと定義付ける分けではないが、クセの強いスコッチなどに比較すると、コニャックは万人の評価が似たものになる傾向が強いのではないだろうか?
posted by つぅ at 00:28| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

LANDY XO No.1

これまたヤフオク。LANDYPierre Ferrand グループ
XOは現在のラインナップ上では一番上のようだ。Grande Champagne, Petite Champagne, Borderies のブレンド。


LANDY XO No.1(ランディXOニュメロ・アン)
1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆

予想に反して香り高い。それも上質な Grande Champagne の長期熟成ものを思わせる。
基本的には軽やかでシャープな中に、しっかりとした甘さのあるタイプ。熟成、ブレンドとも見事な技と言えよう。

 landyxo.JPG
posted by つぅ at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

バー入門4

バーでのお酒の飲み方。
いや、別にカッコつける必要は無いということ。
前回までのように店を選び、ドアを開け、席について、注文すればあとは飲むだけ。(当たり前)

ただ、(店にもよるが)少なくとも静かなバーであるならば、静かに飲みたい。
仲間と行ったからといって、店の雰囲気を顧みず大声で話すのはいただけない。

もし別の客がうるさいようならバーテンダーに一言言ってみよう。
いや、もちろん先にバーテンダーから言っておいてもらいたいものではあるが、やはりそれでもお客さんなので、他のお客さんに迷惑がかかっていないようなら注意しないケースもある。

また、バーテンダーとお酒の薀蓄を語り合いながら飲むのも楽しいものだ。
もちろん、こちらが何も知らなくてもまったく問題ない。
大抵のバーテンダーはお酒が好きなので、本当は話したくて仕方ないというケースの方が多い気がする。

この辺は好みによるのでお好きにどうぞ。
posted by つぅ at 21:10| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする