2009年04月19日

Pierre Joseph Grande Reserve Grande Champagne

これまたヤフオクでゲット。
ところが、ネットで調べても情報がない。
ラベルには EXCLUSIVELY BOTTLED FOR WAKO とあるので、銀座和光専用のボトリングらしい。
一番下に SEGONZAC 16130 とあるが、これは Frapin の住所。フラパン家は Grande Champagne に圧倒的に広い畑を持っており、原酒の提供も多いので、これもそうなのだろう。

●Pierre Joseph Grande Reserve Grande Champagne
1.飲む前の香り
☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆

何やら不思議な感じだが、一応 Grande Champagne の香りは感じられる。適度な甘さとうるさすぎない香りがそれなりに楽しめる。
これが 5,000円程度ならありだが、10,000円を越えるようならコストパフォーマンスは今一と言えるだろう。

wako.jpg


posted by つぅ at 18:03| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

コニャックを飲みたいのですが…

先日うかがった恵比寿某バーでバーテンダーさんとの会話。
いつも、始めて行ったバーでは、とりあえず「コニャックは何がありますか?」と聞いているのだが、これが相手によっては挑戦的に取られるらしい。
つまり、アンタのところはどれほどのモン置いてんの?というようなニュアンスに取られかねないとか。



私としては、多分コニャックなどほとんど置いてないだろうけれども、ちょっとくらいはあるとして、それは何ですか?というくらいのスタンスなのだが、確かに聞きようによっては挑戦と取られる場合もあるのだろう。

そこで、どんな聞き方なら構えずに済むか聞いたのが標記の言葉。
語尾を曖昧にするあたり、確かに実に日本的な聞き方である。

次回からはこっちを愛用するようにしよう
posted by つぅ at 01:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

Pierre Ferrand Ancestrale

以前よりエレヴァージュに入荷されると聞いていたものが、入荷したということで先日いただいてきた。
Grande Champagne 70年熟成だそうな。

今なら(もうしばらく?)聖地エレヴァージュに行けば飲めます。

Pierre Ferrand Ancestrale(ピエールフェラン アンセストラール)
1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆

グラスから立ち上るトップノートは素晴らしいランシオ(熟成香)をたたえ、Grande Champagne の長期熟成ものであるとしっかり感じさせてくれ、期待感が高められる。
しかし、口に含んだ味わいの広がりは、その香りから期待されるものよりやや弱い。
基本的にはシャープな中にすっきりした葡萄の甘さのある味わい。
得られる幸せ感が充分高いレベルであることは確か。

pferrand.jpg
posted by つぅ at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする