2009年02月23日

Daniel Bouju Brut de fut

これは久しぶりに伺った恵比寿の某バーで飲んだもの。
40年以上熟成のカスクストレングス(樽から出したままの強さで加水していないということ)、Royal とは違って50度とそれほど強くはない。
もちろん、Grande Champagne のシングルコニャック。どうも以前も評価しているが、異なる結果になったので再掲。

Daniel Bouju Brut de fut(ダニエルブージュ ブリュット・ド・フー)

1.飲む前の香り
☆☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆☆
4.グラスの残り香
☆☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆☆

まずはグラスから立ち上る香りが力強さと華やかさを兼ね備えた、明らかに上質のそれであると感じられ、期待感をそそられる。
同じダニエルブージュのブリュットドフーロワイヤルに比較すると、共通のスパイシー香はあるものの、ずっと柔らかく安心して(?)飲める。
以前の評価が低かったのは、開栓後の時間の長さ、保存状態によるものだったと思われる。
結果的には大変素晴らしく、久々に☆が4つ付いた。


posted by つぅ at 21:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

LA TOUR D'ARGENT GRANDE RESERVE

こちらは某バーに入荷したと言うのでいただきに。

LA TOUR D'ARGENT GRANDE RÉSERVE(ラ・トゥールダルジャン グランドレゼルブ)

一応 Grande Champaggne と言う事になっている。レストラン用の専用のブレンドなのだろう。

1.飲む前の香り
☆☆☆
2.口に入れたときの口腔から鼻腔に抜ける香り、味わいの広がり
☆☆☆
3.飲んだ後の口内に残る余韻
☆☆
4.グラスの残り香
☆☆
5.総合(幸せ度)
☆☆☆

Grande Champagne にしては、非常に香りがぼやけた感じ。かすかにランシオ香を嗅ぎ取る事も出来ると言うレベルで、味わいも今一。
感覚的にはヘネシーの FINE Champage VSOPヘネシーXOの中間的な感じ。
というか、本当に原酒はヘネシーなのかも知れない。
posted by つぅ at 00:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テイスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

バーは安いんです!

先日皆で飲んでいたとき、最近はバーばかりだという話をしたら、「そりゃ、金かかるでしょう」と言われての返答。
そしたら、どこぞの首相みたいだと言われた(笑)

某首相が行ってるのは帝国ホテルの会員制バーとかなので、それはそれで別だとは思うが、大抵のバーはチャージ¥500〜¥1,000、1杯 ¥1,000 とかそんなところが多い。

もちろん100年ものなどは別だが、ここにもよく書いているように、コニャックは10〜20年熟成程度のものは普通なので、特別高いわけではない。

大抵は2〜3杯なので、総額も推して知るべし。
ただし、このところ某所で浴びるように飲んでるのは別。
posted by つぅ at 20:28| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

コニャック08年出荷量

「フランス食の広場」なるメルマガを購読しているのだが、その最新号によると

Communique annee civile 2008(B.N.I.C.)
----------------------------------------------------------------------
2008年(1-12月)のコニャックの出荷量は、414,969hl(純粋アルコール度換算)
1億4,820万本で、前年に対し6.2%減少した。01年から07年までの6年間で36.8%
増と拡大していたが、08年は減少となった。いくつかの国で、世界的な経済危
機の影響が見られることに加え、07年末以来のコニャックの供給不足も重なっ
た。一方、売上金額は、高額化を反映して前年に対し0.3%増となった。

品質分類では、スリースターとVSが、前年に対し10.8%減となった一方、VSOP
以上の上級クラスは、1.5%減と微減にとどまり、コニャック全体に占める
シェアを52.5%と伸ばした(07年は50.1%)。

地域別では、NAFTA加盟国(米国、カナダ、メキシコ)が、141,322hl(純粋アル
コール度換算)、5,050万本で前年に対し14.2%減。欧州向けが142,849hl(同)
5,100万本で、7.8%減。一方アジア(日本、中国、韓国、香港など)は
117,741hl(同)、4,200万本で、6.2%増となり、三つの地域への出荷量の差が
縮まった。
(B.N.I.C. プレスリリース、1/14)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

だそうな。
世界的な不況にあって、欧米は減少するも、アジアでは増加。
といってもほとんどが中国だろう。

スコッチなどはどうだったのだろうか?
posted by つぅ at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする