2008年06月30日

オーダーメイドグラス

以前頼んでおいたグラスが出来てきた。
村山氏曰く、なかなか気に入るように出来なかったため時間がかかったとの事。

色は白瑠璃(はくるり)というシャンパンゴールド、八方屈という内面が八角形となているため、透過光の屈折が非常に美しい。また、ステム(足の部分)も一体成形なので、この部分でも光が遮られない。

ボウルが少し小さめで、リーデルコニャックに近い。

ところがなんと、こちらの方が香りの凝縮感が高いから驚き。リーデルソーヴィニヨンブランは、香りの広がりを楽しむ感じだが、それにはよほど力強いコニャックでないと、スカスカになってしまう。

ちなみに写真は、Ragnaud Sabourin Alliance No.20 Reserve Special
一格上がった感じさえある。

是非同じものが欲しいと言う方は、村山氏に頼めばなんとかしてくれるのではなかろうか。

glass2.jpg


posted by つぅ at 23:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

Bar Deva

またまた恵比寿でイベントがあり、その帰りというか2次会。
一行6人とバーにしては多めの人数だったので、箱の大きそうなところとして寄ってみた。

Bar Deva(バーディーヴァ)

ビル入り口のインターホンで呼び出さないと入れないという隠れ家風システム。
7Fで、2面がほぼガラス張り。立地の割にはそれなりの夜景が広がる。

コニャックは大手どころの V.S.OP.が一通り。なんと Frapin まである。しかし、これより格上のものは置いてない。

そういうわけで自動的にフラパン。

めでたいことに同行者一名をコニャックの世界に引き込むことに成功。

バーとしては窓際にカップルシートがならんでいて、基本はそういう(?)使い方か。




posted by つぅ at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

BAR SUPER HERO, Bar Deuce

書きためてしまったがちょっと覗いた自由が丘のバー

BAR SUPER HERO

Bar Deuce

どちらも自由が丘南口を出てすぐの同じビルにある。それだけにレイアウトもほぼ一緒。
雰囲気も似たような感じ。正統派でやや照明も落とし気味、落ち着けるバーである。

実はちょっと前に行ったので、それぞれどんなコニャックを置いていたかはよく覚えていないが、少なくとも Deuce のほうには Jean Fillioux Tres Vieux が置いてあったかと。



posted by つぅ at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Hennessy No.1, Maison Brillet Centenaire 1900 - 2000 入手

このブログにも何度かコメントをいただいているコニャックコレクターのE氏から譲り受けたもの。
同氏はなんと飲むためではなく、純粋に集める楽しみだけでこのような珍しいボトルを買い集めていて、一度手に入れてしまうと、割と飽きてしまうのだそうな。

それでは、お酒にかわいそう(?)なので、ボトルなどには興味なく、あくまで中身勝負の私が譲り受け、しっかり味合わせていただこうと。

Maison Brillet Centenaire 1900 - 2000 (メゾンブリエ サントネール 1900-2000)は、ここにもあるが、その名の通り100年熟成もの。立派な木箱に入っているしシリアルナンバーまで振られてはいるが、個人的にはそのあたりにこだわりはない。

一方の Hennessy No.1(ヘネシー ニュメロ・アン)は、その名をどこで最初に目にしたかは覚えてない上、名前が一般的過ぎて検索のしようも無い。
しかし、その名に違わず、とっておきの限定品であったと記憶している。

今はまだ飲みかけのボトルが3本あるので、せめてどれかを飲みきってから開栓しよう。

posted by つぅ at 18:49| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

Bar Sheets

ちょっと前から気になっていた三軒茶屋のバーを覗いてみた。
Bar Sheets(バー・シーツ)

古くからある雑居ビルの一階、一番奥にあるが、かなり大きなガラス窓があり、割と入りやすい。
いや、中からはしっかり外が丸見えで、以前偵察していた姿もしっかり見られていたそうな。

コニャックはと言うと、そもそも黒板(!)にお勧めが書いてあり、何と「フラパン ナポレオン」の文字が。

他にも聞いてみるとそれなりにあったので、とりあえず HINE のアーリーランデッドものと上記フラパンをいただいた。

バー自体はやや暗めでシャープな感じ。それほど広くはないものの、ボトルの数は結構多い。もし近くに行く事があったらお勧めと言える。

posted by つぅ at 20:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

Bar Marge 再訪

渋谷では一番のお気に入りバー、Marge へまた行ってきた。
前回 Jean Fillioux が入ると嬉しいとか言っておいたのが、しっかり置いてある。
しかも金ワイヤー巻の旧ボトル。

開けたてではあるが、やはりさすが安定感が違う。

ついでに先日試した Armagnac Tenareze があったのでこちらも試す。(銘柄失念)
やはり、これもアルマニャックとしては柔らかい。

それなりに選択肢も結構あってありがたい。

posted by つぅ at 22:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

5月のアクセス解析

さて5月のアクセスは下記のとおり。
更新をさぼっていたため、ページビューはそれなりに減ったものの、訪問者が多いというのは、検索から来ているということだろう。

例によって検索ワードもあまり変化はないので、コニャックそのものでの検索自体が増えているというめでたい(?)状態なのかも。

訪問者数   ページビュー (カッコ内は4月)
2912(2686)  21514(29384)

1 コニャック  13.0% 405
2 飲み方  3.1% 95
3 田中屋  3.0% 94
4 目白  2.9% 91
5 cognac  2.5% 77
6 目白田中屋  2.0% 63
7 COGNAC  1.7% 54
8 コニャックファン  1.5% 46
9 ブランデー  1.3% 41
10 XO  0.9% 29
11 napoleon  0.9% 28
12 CAMUS  0.9% 28
13 ナポレオン  0.9% 27
14 NAPOLEON  0.8% 24
15 日本コニャック協会  0.8% 24
16 シングルコニャック  0.8% 24
17 璽献..  0.7% 21
18 酒屋  0.6% 20
19 ヘネシー  0.6% 20
20 値段  0.6% 20
21 エレヴ..  0.6% 20
22 XO  0.6% 19
23 Cognac  0.6% 19
24 カミュ  0.5% 16
25 酒  0.5% 15
26 アルマニャック  0.5% 15
27 MARTELL  0.5% 15
28 エレバージュ  0.5% 15
29 VSOP  0.5% 14
30 bar  0.5% 14
31 camus  0.5% 14
32 レミーマルタン  0.5% 14
33 バー  0.4% 13
34 コニャックの飲み方  0.4% 13
35 champagne  0.4% 13
36 ジャンフィユー  0.4% 12
37 xo  0.4% 12
38 Jean  0.4% 12
39 恵比寿  0.4% 12
40 Plus  0.4% 12
41 Ultra  0.4% 12
42 Ne  0.4% 12
43 ダニエルブージュ  0.4% 11
44 MONNET  0.4% 11
45 Fillioux  0.4% 11
46 HINE  0.4% 11
47 手作りグラス  0.4% 11
48 賞味期限  0.4% 11


posted by つぅ at 21:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする