Martell(マーテル)のコニャック

HennesyRemy Martin と書いたので、次は Martell
創業が1715年と Remy Martin(1724年) より少し前だがほぼ同時代。ちなみに Hennessy は1765年。
特徴的なのはその畑で、Borderie(ボルドリ)地域にある。
格的には、Grande, Petite 両 Champage の下ということになっていて、確かに繊細さには欠けるものの、両 Champage にはない力強さをもったコニャックが作られる。
中でも、CORDON BLEU(コルドンブルー)は、華やかさと力強さのバランスが高次元でミックスしており、個人的にはかなり気に入っている。< br />

一方、下のほうのクラスでは VSOP がお勧め。

しっかりしたボルドリ感を味わえる銘酒ではあるが、残念なことにコストパフォーマンスはあまり高くない。
リンクでは極力安いところにしたが、それでも4,380円。
5,000円以上だとちょっと考えてしまうかも。
一方、コルドンブルーの上には、XO Supreme(XOシュープリーム、XOシュプレム?)があるが、Remy Martin 同様、上品に仕上げすぎて個性が消えてしまっている

と言う訳で、Martell なら CORDON BLEU と言った感じである。

Martell(マーテル)のコニャック」への1件のフィードバック

  1. だからあなたははなやかに装う財布の中で一目で厚化粧をするエルメスコピーを見分けて来ることをマスターして、それは、刺股、リベット、ヘムをつけるどれだけのレースがあるに関わらず、あなたはそれをすべて持って提げてくなければならなくて、身で携帯します。エルメスコピー復古の気風はまたあるのでさえすれ(あれ)ば、淑女のこの語は廃止するのでさえすれ(あれ)ば、前世紀50年代はまだ界の霊感の出所を設計するのだのでさえすれ(あれ)ば、財布あなたの必ず持たなければならない単品。エルメスコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です