幸せを呼ぶお酒

昨日とある集まりがあったので、コニャックを好きになりそうな人を2次会で半ば強引にバーに連れて行き、普及活動。
飲んだのは、MARTELL CORDON BLEU(マーテル コルドンブルー)と、Jean Fillioux TRES VIEUX(ジャンフィユー トレヴュー)。

 
コニャックは葡萄(ワイン)を蒸留して作られる事、華やかで甘い香りが楽しめるお酒である事、二日酔いしにくいこと、寝酒として飲めば幸せな感覚で眠れる事、思っているより断然安上がりで済む事など、初心者向けにあれこれ熱く語る(笑)。
特に力が入るのは、やはりその幸せ感。
最近、Frapin VSOP ばかり飲んでいた上、たまに飲むジャンフィユーはレゼルヴファミリアルばかりだったのだが、久々にトレヴューを飲むと、これまたうまい。
もちろん、コルドンブルーも十分美味しいのであるが、やはりジャンフィユーの幸せ感は断然高い。
そんな中、同行者にも理解を得られ、しっかり信者になった様子だったのでめでたし、めでたし。

幸せを呼ぶお酒」への2件のフィードバック

  1. はるみんさん
    ありがとうございます。
    今後ともよき助言をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です