フランスコニャック協会のサイトに日本語がっ

先日の Moyet を調べようと思ってフランスの国立コニャック生産者協会(BNIC: Bureau National Interprofessionnel du Cognac)のサイトに行ったら何と日本語の表示。
日本も侮れないマーケットと判断されているのだろうか?
こんなところまで日本語化されている。
ただ、タイトルが文字化け、meta タグのエンコード指定(Shift_JIS)と文字コード(UTF-8)がちぐはぐだったりしたので、メールしておいた。

フランスコニャック協会のサイトに日本語がっ」への2件のフィードバック

  1. コニャックの「カミユ」傘下の「P・E・ギロー」に付いて、調べるのですが、皆目、詳細が判明致しません。「P・E・ギロー・グラン・シャンパン」を持参しております。何方か詳細を知っている方、情報をお知らせ下さい。お願い致します。「国立コニャック生産者協会」で調べても、御座いません。

  2. 櫻井さん
    「P・E・ギロー」というのは聞いた事ないです。
    スペルは Guillot でしょうか?
    カミュ傘下というのはどうしてわかったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です