リーデル・ソーヴィニヨンブラン

常飲グラスをリーデルコニャックから同ソーヴィニヨンブランに変えた。
同じ銘柄でもエレバージュで飲むほうがうまいと感じていたからである。
ボリュームがあるので、発散してくる香りも蓄える香りも多く、飲むときにも強力に訴えかけてくる。なぜ、リーデルコニャックはあれほど小さいのだろう?
やはりXOクラスの香りの強烈なものには、この手の大きなグラスのほうが楽しめるといえよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です