Martell Silver Jubilee

例によって飲み会の後のバーめぐり。
いろいろ悩んだが、六本木の Ne Plus Ultra へ。
オーナーの古田さんは、コニャック地方の25箇所(だったかな)を回ってきたんだそうな。
そんな中でまたまたマイナーものを見つけてきたとかで、出されたのが Martell Silver Jubilee(マーテル シルバージュビリー)。ラベルには1952-1977とあるので、1952年からの25年熟成もの。
香りはさすが、力強さと上品さのバランスが見事。味わいは、うーん、残念。少し広がり感が寂しい。開栓直後だったからかも。
しばらくしてから再挑戦か。

Martell Silver Jubilee」への1件のフィードバック

  1. マーテルシルバージュピリーは珠玉のコニャックです

    エリザベス女王戴冠25周年を記念して作られたものですが

    1952-1977は戴冠の年代をあらわしているものの中味は単なる25年物ではありません

    原酒は1815年 1906年 1914年 1918年の4つのビンテージをブレンドしたもので

    飲んでみるとわかりますが

    19世紀から20世紀初頭の古き良きコニャックに見られる干し葡萄のスムーズなエキスを飲んでるかのような滋味にあふれています

    おそらくラベルにある25年表記のイメージで味を感じられたのかもしれませんが

    19世紀のコニャックを数本飲んでみると戦後の25年物のコニャックとは違い

    時代独特の葡萄のエッセンスは感じられるはずです

     

     

     

僻地のBAR10 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です